GYOSEI SYSTEM 行政システム

GYOSEI SYSTEM 行政システム

PRODUCTSProbono選挙投票管理システム

Probono選挙管理プロダクト

Probono選挙管理システムは、全国230団体以上の自治体様に採用いただいているパッケージシステムです。町村から政令市まで、人口規模に関わらずパッケージ標準機能で選挙業務の運用を実現しています。


地方公共団体様の業務は、証発行や課税・収納、給付など、どれも失敗の許されない業務です。特に選挙は、民主主義の根幹である選挙権を、市民が確実に行使するための環境を整えるという観点で、自治体の中でも特に失敗の許されない業務であると認識しています。

弊社はシステム面から、安全・確実な選挙業務運用を実現するためのお手伝いをさせていただきます。


Probono選挙管理システムは、選挙業務知識のみでシステム運用ができないか、というお客様からの声を実現したシステムです。システム導入後も、全国の自治体様からいただく声を積極的に実装することで、進化を継続しています。


法改正時や新制度創設への対応や新機能の実装など、システムを改修するには費用が掛かります。従来のシステムは個別改修方式により対応するケースが多く、改修費用も莫大な経費が掛かっていました。

Probono選挙管理システム、改修案件をパッケージ標準機能として実装する方式を採用したことで、システム改修コストの最適化を実現しています。


Probono選挙管理プロダクト業務紹介

定時登録処理及び選挙時登録処理において、必要最低限のパラメータを入力し、実行するだけで選挙人名簿が調製できます。再転入や転出取消、遡り異動などのイレギュラーな異動履歴を持つ選挙人の登録抹消要件も正しく判定できるので各種リストから対象者を調査し、オンライン画面から補正する必要がなくなります。


バーコードを利用して投票受付業務の効率化を実現します。二重投票の防止や複数選挙時への対応など、投票管理業務を確実に運用することはもちろん、都道府県選管への報告資料の基礎となる各種統計をワンタッチで出力することが可能です。


バーコードを利用して投票受付業務の効率化を実現します。複数台運用による可用性の確保やトラブルから迅速に復旧させる機能はもちろん、受付従事職員様の操作ミスを防止するしくみを備えています。


商業施設や駅前、学校などの利便性が高い施設に設置する共通投票所の投票管理業務をサポートします。

共通投票所と指定投票所間をネットワークでつなぐことにより、有権者の投票状況を共有し、⼆重投票を確実に防⽌します。また、投票所⼊場券に印字された名簿番号バーコードを利⽤し、ワンタッチで名簿対照作業を実現します。さらに、複数台運⽤にも対応しており、混雑が予想される共通投票所での名簿対照作業を効率よく正確に⾏えます。


在外選挙人証の発行・再発行、発行履歴の管理を行うことができます。また、選挙人証の住所欄には申請書の本人自筆のイメージを貼り付けて使用することができます。

在外投票の受付管理(公館・郵便・帰国投票)在外投票のデータ(有権者数および投票者数)をファイルで出力することができ、期日前投票管理システムと連携して期日前投票所投票録に在外投票のデータを反映させることができます。


選挙人名簿管理システムのオプション製品です。農家台帳システム等で管理する選挙人名簿データを取込み、各名簿を調製することが可能です。選挙執行時には、投票管理システムと連携し、投票業務を管理することもできます。


開票前の準備作業及び当日の開票集計事務の省力化を実現します。当日の開票集計事務では、予めシステムより出力したバーコード付決定箋を読取ることで集計事務作業の負荷軽減及び正確性の向上を図ります。


選挙人名簿管理システムのオプション製品です。閲覧名簿をパソコンやタブレット上で表示することが可能です。閲覧の申請から、閲覧記録までを管理でき、ログなどをCSV出力することができるので、閲覧公表制度の際の資料作成に活用できます。


選挙人名簿管理システム及び期日前投票管理システムのオプション製品です。直接請求制度における署名簿の審査を行うことができます。署名審査処理を経て、「有効署名リスト」「無効署名リスト」をワンタッチで出力することが可能です。


選挙事務に携わる立会人・管理人・従事者を1つのシステムで管理でき、従事者の区分と実労働時間を登録することにより、当該従事者の報酬額を自動的に算出致します。自治体様毎で異なる報酬額の条件に関しては、仕様確認により細かく設定することが可能となっております。
データの全件をCSV出力が可能となっているほか、帳票はすべてエクセルファイルにて出力が可能です。

一覧へ戻る