GYOSEI SYSTEM 行政システム

GYOSEI SYSTEM 行政システム

A1 市役所や区役所、町役場や村役場で働く職員さんの仕事に役立つソフトウェアを作ることによって、住民サービスの向上を陰ながら応援している会社だよ。ちなみにソフトウェアっていうのはね、コンピュータやロボットなどを動かすために必要なプログラムだよ。
A2 たとえば、市役所でできることの一つとして、自分の住所を証明してくれる「住民票」の発行があるんだ。その住民票に載せる名前や住所、誕生日など、その人にまつわる色々な情報をコンピュータの中でまとめて整理するためのソフトウェアを作って販売しているんだ。 また、みんなが払う税金を計算したり、国民健康保険等の事務処理をサポートするソフトウェアも作って販売しているんだ。 ところで、行政システムには全国でひそかなベストセラー商品が有るんだよね。それが「Probono選挙投票管理システム」なんだ。期日前投票や当日投票の受付を管理するシステムなんだけど、これが230以上の自治体で使っていただいていて、「選挙投票管理」の分野で全国トップクラスのシェアを誇っているんだ。
A3 災害派遣や献血などの活動を行っている日本赤十字社って知ってる?日本赤十字社は、その活動を応援している人たちの支援金によって成り立っているんだ。この支援金を寄附していただいた方の情報をパソコンを使って簡単に整理するためのソフトウェアも行政システムが作っているんだ。
A4 行政システムにはPepperがいるんだ。今まで言ったような堅い仕事だけでなく、Pepperのようなロボットや人工知能といった時代の先端をゆくものを使ったサービスの開発もしているんだよ。今までのコンピュータは、人間に教えられたことしかできなかったんだけど、これからのコンピュータは、コンピュータ自身で物事を考えて答えを出すことが当たり前になるんだ。今は教えられた言葉を話すことしかできないけど、これからはみんなのお話を理解して、それに対して僕なりに考えて返事ができるように訓練しているんだ。それができれば街中で困っている人がいたら助けてあげることもできるし、一人暮らしをしているおじいちゃんやおばあちゃん達の話し相手にもなれるかもしれないよね。 新しいサービスの実現に向けて開発をがんばっているってわけさ!
A5 僕はすいか太郎!5歳だよ!すいかが大好きな人のところに現れるのさ!実は行政システムの社長もすいかが大好きで、呼び寄せられたんだ。僕の夢はこの会社に「すい課」を作って課長になること! ・・・なんてね。

A1

市役所や区役所、町役場や村役場で働く職員さんの仕事に役立つソフトウェアを作ることによって、住民サービスの向上を陰ながら応援している会社だよ。ちなみにソフトウェアっていうのはね、コンピュータやロボットなどを動かすために必要なプログラムだよ。

A2

たとえば、市役所でできることの一つとして、自分の住所を証明してくれる「住民票」の発行があるんだ。その住民票に載せる名前や住所、誕生日など、その人にまつわる色々な情報をコンピュータの中でまとめて整理するためのソフトウェアを作って販売しているんだ。 また、みんなが払う税金を計算したり、国民健康保険等の事務処理をサポートするソフトウェアも作って販売しているんだ。 ところで、行政システムには全国でひそかなベストセラー商品が有るんだよね。それが「Probono選挙投票管理システム」なんだ。期日前投票や当日投票の受付を管理するシステムなんだけど、これが230以上の自治体で使っていただいていて、「選挙投票管理」の分野で全国トップクラスのシェアを誇っているんだ。

A3

災害派遣や献血などの活動を行っている日本赤十字社って知ってる?日本赤十字社は、その活動を応援している人たちの支援金によって成り立っているんだ。この支援金を寄附していただいた方の情報をパソコンを使って簡単に整理するためのソフトウェアも行政システムが作っているんだ。

A4

行政システムにはPepperがいるんだ。今まで言ったような堅い仕事だけでなく、Pepperのようなロボットや人工知能といった時代の先端をゆくものを使ったサービスの開発もしているんだよ。今までのコンピュータは、人間に教えられたことしかできなかったんだけど、これからのコンピュータは、コンピュータ自身で物事を考えて答えを出すことが当たり前になるんだ。今は教えられた言葉を話すことしかできないけど、これからはみんなのお話を理解して、それに対して僕なりに考えて返事ができるように訓練しているんだ。それができれば街中で困っている人がいたら助けてあげることもできるし、一人暮らしをしているおじいちゃんやおばあちゃん達の話し相手にもなれるかもしれないよね。 新しいサービスの実現に向けて開発をがんばっているってわけさ!

A5

僕はすいか太郎!5歳だよ!すいかが大好きな人のところに現れるのさ!実は行政システムの社長もすいかが大好きで、呼び寄せられたんだ。僕の夢はこの会社に「すい課」を作って課長になること! ・・・なんてね。